ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不定期連載 ノスタルジックプラモデル 1

Category: ノスタルジックプラモデル  
ふと思いたって、子供の頃のプラモデルの話を
書いてみたくなりました。
通常の記事と平行して、不定期で気が向いたとき、
綴っていこうと思います。よろしくね。

おじさんが憶えている最も古いプラモデルの記憶は、恐竜なんだな。
と言っても、タミヤのじゃないよ。
そりゃそうだ、今から40年以上前の話やでの。

昭和40~42年頃、保育園児だったヒロナリ君は、よく近所の
「ヒコーキ屋」という駄菓子屋さんに通っておりました。
その頃テレビは白黒で、「ビッグX」「鉄人28号」「宇宙少年ソラン」
「スーパージェッター」「8マン」などといったものに
子供だったヒロナリ君は、夢中になっておりました。
「ヒコーキ屋」には、それらテレビのキャラクターのメンコや、
(おじさんたちは、「しゅっぱん」と言っておりましたが)
ヒモの付いたイチゴ味の飴とか、ボール紙のグライダーとか、
銀玉鉄砲とか、紙火薬のピストルとか、
子供心をワクワクさせる魅力的な商品が、あふれていました。

そんな中に、その恐竜のプラモデルはありました。
おそらく20~30円だったでしょう。
クジが1回5円でしたから、ちょっと高めの商品です。
キャラメルくらいの大きさの箱に入ってて、
一応ブロントサウルスをモデル化したものでした。
当時、ヒロナリ君が一番好きな恐竜は、トリケラトプスで、
ブロントサウルスは2番目でした。
箱を開けると、左右に分割された胴体と、足が4本入っていました。
足は可動式で、オモリの付いた紐を取り付けて、
机の端からオモリをたらすとトコトコと歩きます。
これが楽しくて、何度も歩かせたもんです。
当然メーカーはどこか分かりません。
でも、出来上がったおもちゃではなく、
自分で作るおもちゃと言う点で、
ヒロナリ君にとっては画期的な出来事でした。

スポンサーサイト

Comments

No title
私は駄菓子屋世代ではないですが
私は子供のころ母親が行くスーパーについていって
ビッグワンガム系のミニプラモデル付お菓子を買ってもらってました
駄菓子屋→デパート→スーパー→コンビニ→通販
と時代が変わりましたね
私はスーパー世代になるのかな?
コメントありがとうございます!
ビッグワンガム、ありましたねー。
僕の実家は、菓子屋だったのでビッグワンガムもあって、親にねだってよくおろしてもらいました。けっこう本格的な組み立てモデルが入っていましたね。あと、ナガサキヤの新幹線チョコレートとか。知らないかなー。

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。