ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

不定期連載 ノスタルジックプラモデル 4

Category: ノスタルジックプラモデル  
イマイ サンダーバード2号

言わずと知れた大スター、昭和40年代のプラモデルを語るとき、
絶対はずせない超有名メカです。
おじさんと同じ世代の方なら、少年時代
誰もが一度は作ったはず。(だと思う)

ヒロナリ君は、サンダーバードメカの中では、2号が一番好きでした。
その機首は、マグマ大使第1回に登場するモグネスに似て、
流線型でありながら、量感あふれ、斬新な前進翼、
繋がっている2枚の垂直尾翼など、どこをとっても
ヒロナリ君にとっては、カッコ良さの塊のような機体でした。
上からのシルエットは、バンザイをするオバQにも見えますが。(笑)

このキットに限らず、当時のキャラクターキットは、
たいてい実物と同じ色で成型されていて、色を塗らなくても、
デカール(当時はマークといっておりましたが)を貼るだけで、
テレビで見るのと同じように仕上げることが出来ました。
もっとも、この頃プラモデルに色を塗るなんて
考えもしませんでしたが。

キットは、ゼンマイで走り、コンテナが分離し、コンテナのふたを
開けると、中には高速エレベーターカーが入っていました。
この、メカが分離合体したり、中から別のメカがでてきたりする
アクションが、子供心を惹きつけてやみませんでした。
今でも何かメカニカルなものが作動しているのを見ると、つい
「たんたかたーん、たかたんたん、たんたかたんたんたーん」と、
口ずさんでしまいます。
えっ、あなたも?

シンプルなパーツ構成で、子供にも確実に組み立てられ、
コンテナも何度つけたりはずしたりしてもガタも来ず、
充分サンダーバードごっこを堪能できました。
また、イマイの組み立て説明書は、糊しろ部分にぺけマークが
印されていて分かりやすかったです。

ただひとつ不満な点が、
ラジオのアンテナのように伸びる4本の脚でした。
ここだけはそんな伸縮機構を再現することは出来ず、伸びきった
状態の脚が、根元で後ろに折れ曲がるようになっていました。
これがリアル派のヒロナリ君には、カッコ悪くていやでした。
もっとも、接着剤が乾くのが待てずにすぐ遊ぶので、
脚はすぐもげてしまい、どうせならと、全部取ってしまいました。
「ウン、この方がかっこいいぞ」
こうして、ヒロナリ君のサンダーバード2号は、
今日も災害現場に飛んでいくのでありました。

スポンサーサイト

Comments

サンダーバード2号
サンダーバード2号は最高のメカでした。
交換式のコンテナといい、島の秘密基地からの出撃シーンといい、もっとも惹き付けられたメカです。
同じですねー。

残念ながら、プラモデルは持ってませんでしたが、小さなミニカーは持ってました。
そうなんですよねえ
あの出撃、というか出動シーンは、毎週見ても飽きることなくワクワクしました。すべてが自動化され、人間はほとんど動くことなく機体に搭乗できるんですが、今見ると、走ったほうが早いぞとツッコミたくもなります。(笑)
でもやっぱり、あのプロセスがあって、音楽が最高潮に達して、ロケットに点火され離陸!これが堪らんのですよね。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード