ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不定期連載 ノスタルジックプラモデル 12

Category: ノスタルジックプラモデル  
緑商会 1/76 インスタントプラモシリーズ

小学1年生のヒロナリ君のお小遣いは、一日10円でした。
ヒコーキ屋でクジを引いたり、駄菓子を買うとすぐ消えてしまいます。
欲しいプラモデルがあると、何日もヒコーキ屋を
我慢しなければなりません。
100円のプラモデルを買おうとすると、10日もかかります。
そんな訳で、ヒロナリ君は5日ほどで我慢の限界がやってきて、
50円のプラモデルを買ってしまうのでした。

緑商会という、名前がなんだかうさんくさいメーカーから
50円の戦車のシリーズが出ておりました。
子供心に商会という言葉に、やくざっぽい匂いを感じたのでした。

しかし、中身は立派なプラモデル。
10種類ほど出ていたのですが、ヒロナリ君はそのうち2つほど
作った覚えがあります。
61式中戦車とスターリンⅢです。

確かスターリンⅢは、滋賀県のヤスヒデちゃんに
買ってもらったものです。
ヤスヒデちゃんは、もっと高いものを買ってくれるつもりだったらしく、
本当にこれでいいのかと何度も聞いてくれました。
でも、遠慮してたわけではなく、スターリンⅢがかっこよくて、
本当に欲しかったのでした。

キットは、接着剤を使わないはめ込み式で、
パーツ数も少ないので、5分もあれば完成しました。
箱絵は、イラストではなく、完成写真が使われ、
箱の裏側は、組立図でした。
キャタピラは、ロコ方式の一体成型で、動きませんが、
車体裏に、車輪が付いていて、フリクション走行しました。
フリクションって、今の人にわかるかなあ。
床に押し付けて、軽く押し出してやると、弾みが
付いて50~60センチほど走るというものです。

その後、河村模型店のおばちゃんに、このミドリの戦車シリーズの
販促用のパンフレットをもらったことがあります。
ヒロナリ君は、そのパンフレットに釘付けになりました。
そこに載っていた完成見本は、キレイに塗装されていただけでなく、
地面や樹木、壊れた建物など、背景まで作ってあったのです!
つまり、ディオラマです。
それが、ヒロナリ君のディオラマとのファーストコンタクトでした。

すごい!カッコイイ!本物みたい!
たった50円のプラモデルが、まるで映画のワンシーンのような
リアリティで迫ってきます。
現在のレベルで見れば、それはなんとも素朴な出来の
ディオラマでしたが、ヒロナリ君にとっては衝撃的な写真でした。
毎日、毎日、食い入るように眺めていました。

あんな木や建物のプラモデルは出てないはずなのに、
一体どうやって作ったんだろう?
僕も、あんなのを作ってみたい!
心からそう思いました。

このときの気持ちが、恐ろしいことにずうっと現在まで、
(そしておそらくは、死ぬまで)続いているんですね。
ヒロナリ君の模型趣味を決定付けた出来事でした。
タミヤが、ミリタリーミニチュアシリーズで、ディオラマブームを
巻き起こす4~5年前のことです。

スポンサーサイト

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。