ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またも寄り道、グリレを作るぞ 13

Category: グリレH型  
工作完了

細部パーツの取り付けは、どこまで接着するか
よく考えなければなりません、
自走砲のようにオープントップの車両は、すべてのパーツを
接着してしまうと、内部の塗りわけが困難になるので、
ブロックごとに塗装して、最後に組み立てることになります。
そのため、前面装甲板を接着するのは後になるのですが、
この装甲板の穴を内側から外側に通っている
トラベリングロックの解除ロッドを、どこまで接着するか悩みました。

結局、前面装甲板を仮に取り付け、解除ロッドを装甲板の穴に通し、
ロッドの根元だけを接着することにしました。

画像 269
知らない人のために。
戦車も自走砲も、戦闘中以外は、大砲を固定しておくのが普通です。
走行中の振動などで、大砲を動かすギアに
ガタがくるのを防ぐためです。
そのための、砲を固定するための部品が、トラベリングロックです。
上の写真でいえば、パイプを組み合わせたようなパーツが
トラベリングロックで、右上に伸びた少し曲がった細い棒が、
車内からロックを解除するロッドです。

画像 268
これを車体に取り付けると、こうなります。
車内からロッドを操作すると、トラベリングロックが倒れ、
砲を上下に動かすことが出来ます。
といっても、それは実車の話で、模型では全部接着固定します。

画像 266
斜め上から見たところ。
砲身は、キット付属のアルミ挽き物。
ライフリングまで刻まれています。すごいね、まったく。

もひとつ、知らない人のために。
ライフリングとは、砲身の内側に何本もらせん状に
刻まれた溝のことです。
砲弾は、砲身から撃ちだされるとき、このらせん状の溝を
通ることによって、強制的に回転力を与えられます。
回転しながら飛ぶことによって、砲弾は、まっすぐ飛ぶわけです。
ライフル銃のライフルとは、この溝のことです。

さーて、これで工作は終了。

画像 272
初めにも書いたとおり、すべてのパーツを接着してしまうと、
後で塗装がしにくくなるので、これだけのブロックに分けて
別々に塗装して、最終的に組み立てることにしました。
この組み立てと塗装の段取りは、説明図には書かれていません。
それぞれのモデラーが、自分の経験や技量と相談して、
自分にとって一番やりやすい段取りを考えるのです。
頭の中で作業のシュミレーションをして、
最も合理的な手順を見つけねばなりません。
ここが難しいところであり、
また模型作りの面白いところでもあるのです。

スポンサーサイト

Comments


« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。