ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またも寄り道、グリレを作るぞ 18

Category: グリレH型  
迷彩塗装とウェザリングです

展示会は終りましたが、グリレの作業工程を紹介します。
せっかくこのために、ダークグリーンを買ってきたのですが、
なんとなく、NATOグリーン+デッキタンで塗ってみました。

迷彩色吹き
ここで、ひと手間。
グリーンを吹いた時点で、イエローの部分にグリーンの小さな飛沫が
飛んでしまうので、もう一度イエローを吹いて、飛沫を消します。
こうすると、イエローとグリーンの境界が、お互いの飛沫が
重なり合って、よりキレイにぼけてくれます。

グリレを上方から見る
デカールを、貼ります。
第1SS戦車師団を、選択しました。
この塗装例を選んだのは、説明図にある3つの塗装例のうちで、
迷彩パターンが、一番簡単だったからです。(笑)

通信機のアップ

主砲のチッピング
装甲板の外側や、主砲にもチッピングを施します。

引っかき傷
つまようじチッピングのいいところは、こういった引っかき傷から
流れ出したサビを簡単に表現できるところです。

キャタピラチッピング
転輪にも、サビのチッピングを行い、
エナメル黒のウォッシングをかけます。

パステルを削ろう
マフラーのサビ表現のため、パステルを削ります。
よく、ペーパーにこすり付けて粉にする方法が紹介されていますが、
おじさんは、直接ナイフで削っています。

錆びたマフラー
まだまだ改善の余地アリですが、今回はこれでよしとしよう。

この後、予備キャタピラを錆びさせたり、本物の土を使って
泥汚れをつけたりして、どうにか完成しました。

次回、完成写真をお見せします。


スポンサーサイト

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。