FC2ブログ

ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

中日本ハウス様 住宅構造模型の制作 1

Category: 建築模型オフィスブラボーワン  
お久しぶりです

10月になってしまいました。
またも長期間更新をさぼってしまいました。
実は6月の終わりから長期にわたって大きな仕事を二つやっていまして、
その間制作に没頭してブログまで手が回りませんでした。
どうもすみません。
ようやく一息ついたので久しぶりに再開します。

さて、本当は二つともご紹介したいのですが、一つはクライアントの事情でご紹介できないので、
こちら、名古屋の中日本ハウス様のお仕事をご紹介します。

住宅構造模型

中日本ハウス様は、このたび名古屋の黒川東中日ハウジングセンターに新しいモデルハウスを
オープンされまして、お客さまへの説明用にこのような模型を作ってほしいとのご依頼でした。
この模型は以前別の模型業者に頼んだもので、現在八事展示場のモデルハウスに置いてあります。
左から重量鉄骨、2×4、軽量鉄骨の構造を表したもので、今回、三つの建物の間取りを同じにして、
軽量鉄骨を木造軸組みに変更してほしいとのご依頼でした。

正直言いまして、このような骨組みだけの構造模型は作ったことはありませんでしたが、
これまでの経験で作れると判断してお引き受けしました。

では、さっそく製作開始!
まずは展示台を作ります。

展示台構造

5ミリのスチレンボードで、左右630ミリ奥行き300ミリ高さ280ミリの箱を作ります。
強度の確保とゆがみ防止のために補強材を入れておきます。

展示台

見本として見せていただいた模型は、地層の色の違いを塗装で表現してありましたが、
スチレンボードに直接塗装するとスチレンボードが反ってしまったので、カラーパウダーを撒いて
作り直しました。

コンクリート基礎

重量鉄骨の建物は地中の部分にコンクリートの基礎があるので、
7ミリのスチレンボードを2枚重ねて作ります。

展示台基礎付き

これを展示台に取り付けるとこうなります。
脚の部分は5ミリのアクリルパイプを使いました。

展示台完成

出来上がった展示台の四方と天井に2ミリのアクリル板を接着し、
背面と左右に化粧のダイノックシートを貼れば展示台の完成です。

と、まあ簡単そうに書いてますが、実際はなかなか大変でした。
塗装がうまくいかずカラーパウダーに変更して大幅なタイムロス、
アクリル板同士をきれいに接着するのはとても難しいし、ダイノックシートも仕上がりが気に入らず、
一度貼ったものをすべてはがしてやり直しました。
初めてやる作業が多いので、トライアンドエラーの連続です。

実は依頼を受けた時、展示台のことはあまり深く考慮してなかったので、
実際に作り始めてみて、意外に手間と材料費がかかることが分かり、
自分の判断の甘さを反省しました。
値段もちょっと安く見積もりすぎたし、納期もキビシイぞ。
与えられた16日間の制作期間のうち、展示台に5日かかってしまいました。
残り11日で建物を3つ作らねばなりません。
1つにかけられる時間は4日足らず。
しかも、初めてやる作業もあります。
しかし、引き受けた以上、プロならやらねばなりません。
次は重量鉄骨だーっ!


現代設計事務所様 K邸の制作

Category: 建築模型オフィスブラボーワン  
1/100カラー模型です

1日に2回目の更新です。
前回の野村建設様に納品して4日後、今度は大垣市の現代設計事務所様より
1/100のカラー模型のご注文をいただきました。
こちらも以前営業に回ったところで、別々のお客様から立て続けにご注文いただけるとは、
営業の効果が徐々に出てきたかなと喜んでいます。

壁パーツの切り出し

さて、今回はお客様との打ち合わせ用の1/100カラー模型です。
1ミリのスチレンボードにサイディングのアイボリーを印刷した紙を貼り、
その上に、弱いスプレ-のりで外壁の図面を仮止めします。

壁パーツ

ラインからずれないように慎重にカッターで切り出します。

窓パーツ

1/100は基本的に内部は作らないので、窓を通して内部が見えないよう、
窓を半透明にして内部が見えないようにしてほしいとのご要望でした。
右側のE字型のパーツは、2階ベランダの庇の支柱です。

壁パーツ

窓をあらかじめ壁に接着してしまいます。
戸袋も窓枠と同じ色で塗装しましたが、塗りムラが気になったので、
後で似た色の紙を上から貼り直しています。
玄関と勝手口のドアは、指定のものをメーカーのホームページから画像を拾ってきて
縮小印刷しています。

屋根の取り付け

壁パーツを組んで、屋根を取り付ければ、ほぼ完成です。

サイディングやり直し

ここへきて、重大な間違いに気が付きました。
正面側の壁だけサイディングの模様が違うのですが、勘違いして4面ともアイボリーにしていたのです。
仕方がないのでせっかく貼った窓も戸袋もはがし、サイディングを貼り直し、
窓や戸袋を再接着しました。
これがリカバリーした後ですが、失敗の跡は全くわかりません。
間違いにも早めに気づき、うまくリカバリーするのも技術のうちですね。

ベランダ取付け

これにベランダ、庇、ポーチを取り付ければ完成です。

庇

これは、庇のアップ。
窓と同じ要領で作りました。

完成

展示台は植栽は不要とのことなので、極めてシンプルです。
現代設計事務所様、ご注文ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。


テーマ : お仕事日記    ジャンル : ビジネス

野村建設様 H邸の制作

Category: 建築模型オフィスブラボーワン  
自然素材の家

岐阜県揖斐郡大野町の株式会社野村建設様より、1/100のカラー模型のご注文をいただきました。
営業に行って2か月ほどたってからのご注文です。
営業に行ったからといって、すぐに仕事があるなどとは初めから思ってはいませんが、
こうして間が開いてからのご注文は、やはり模型にはちゃんと需要があるんだなと感じ、
うれしくなりました。

野村建設様の建物は、自然素材を多用され、模型も素材感を重視した感じにしてほしいとのことで、
以前に作られた模型のサンプルをお借りしました。

サンプル

これがお借りしたサンプルです。
表面に凸凹のあるアースカラー系の紙が使用されています。
これに合わせるため、地元の画材屋さんで探したのですが、全く同じものは見つからず、
よく似た感じの紙を買ってきました。

それでは、制作です。

素材感

お借りしたサンプル模型はスチレンボード製ではなく、ボール紙製でしたので、表面には黒い紙、
裏面には封筒のクラフト紙を貼りました。

パーツ

今回の模型はお客様との打ち合わせ用なので、間仕切りまでは不要ですが、
間取りが分かるようにしてほしいとのことでしたので、床面には図面を貼り、
1階2階を分解できるようにしました。
建物の形はとてもシンプルです。

1階

これが1階部分です。

2階

これが2階部分です。
作業量は少なくて済むのですが、小さくてシンプルな分、精度が悪いと目立ってしまうので
接合部には全く隙間ができないよう0.1ミリ単位で気を付けて制作しました。

出窓

この建物で唯一細かな細工が必要な出窓です。
2センチ四方ほどの大きさなので、これもちょっとした隙間が気になるので、
制作には気を使います。

完成

1階と2階を合わせたところです。
窓の庇は作りますが、窓本体は省略していいとのことなので、これでほぼ完成です。
展示台も素材感が欲しいとのことなので、あえてダンボールで作ってあります。

完成

敷地の一部に生垣を付けて、完成です。
サンプルでお借りしたものと、ほぼ同じイメージに仕上がりました。
この模型でプレゼンしたところ、お客様にも喜んでいただき、
野村建設様で建設することを前向きにご検討されているとのことです。

先日、打ち合わせで名古屋に行った折、画材屋さんで今回のサンプル模型に使用されていた紙と
全く同じ紙を仕入れてきましたので、次回ご注文からはサンプル通りのものがご提供できます。
これからもよろしくお願いいたします。



テーマ : お仕事日記    ジャンル : ビジネス

チェックハウス様 ショウルームの制作 3

Category: 建築模型オフィスブラボーワン  
完成です

この建物は2階が1階壁面よりオーバーハングした形状なので、壁を二重にしなくてはなりません。
また、細長い窓が床面の高さにあるので、そこだけ壁を薄くしなければなりません。
完成してしまえば気付きにくい部分ですが、制作には手間がかかります。

2階壁の取り付け

これは壁を取り付けるところですが、壁が二重になっているのが分かりますでしょうか。

2階屋根回り

それからここが難しい!
いくつかのパーツが入り組んでいて、図面からパーツの形を読み取るのが難しく、
取材写真を見ながらの現物合わせの作業になりました。

2階

完成した2階がこちら。
左側の部屋がお客様との打ち合わせ室、右側の部屋がスタッフの部屋になっています。

ロフト

これはもう一つの2階、屋根裏収納です。
天井が低いので、立っては歩けません。

中庭

中庭のウッドデッキの上には半透明の屋根があります。
屋根の骨組みはバルサで作りました。

屋根

屋根はガルバリウム鋼板仕上げなので、リブを表現しておきます。
裏に両面テープを貼ったリブを屋根に等間隔に貼り、はみ出した部分を後からカットします。

アプローチ

これは玄関前のアプローチです。
コンクリートブロックの部分はグレーの紙を貼り、人が歩くところはスチレンボードで
一段高くしておきます。
白い部分は実際にはタマリュウが植えてあるのですが、忠実に再現するのは大変なので、
ここは芝生にしてしまいました。

アプローチ芝生

白い部分にはあらかじめ両面テープを貼っておき、カラーパウダーを撒き芝生を表現します。

展示台

今回はアクリルケースも付けるので、展示台の周りにはホームセンターで買ってきた
木製の枠を取り付けます。
四隅を45度にカットするのが難しいのですが、今回はカットするためのガイドになる治具を
おじさんが所属している模型クラブの会長さんにお借りしたので、簡単にカットできました。
やっぱり道具があると便利ですねえ。

ショウルーム完成

さあ、これで完成です。
今回は1/50のカラー模型2軒分以上の作業量だったので、完成まで2週間かかりました。

ショウルーム完成

完成してしまえば四角いシンプルな形状に見えますが、実際にはとても複雑な構造で、
かなり手を焼きました。
しかし、難しい仕事は自分の経験値が上がり、自信につながるので、大歓迎です。

1階全景

ところで、以前見積もり段階だったオフィスの内観模型は残念ながら
キャンセルになってしまいましたが、おじさんが建築模型の研修を受けたスタジオサカイ様から、
先日ちょっと面白いお仕事の話が来ました。
詳しいことは来週にならないと分からないのですが、またここでご紹介しますので、
どうぞお楽しみに。



テーマ : お仕事日記    ジャンル : ビジネス

チェックハウス様 ショウルームの制作 2

Category: 建築模型オフィスブラボーワン  
室内の制作

さて、ショウルームは1階室内の制作に入っていきます。

玄関を入ったところのタイル張りのフロアには、2台のキッチンが展示され、壁には棚があります。
まず棚を作るのですが、スチレンボードに木目を印刷した紙を貼るか、バルサで作って着色するか、
どちらが効率的かと考え、バルサを選択しました。

バルサ製棚

実物を取材して寸法を測ってきたので、それをもとに1ミリのバルサで棚を作ります。

展示ルームパーツ

2台のキッチンはスチレンボード製、柱と一体になったカウンターは
スチレンボードとバルサを組み合わせて作っています。
バルサには着色ニスを塗っておきます。

キッチン展示ルーム

これらのパーツを組み込みながら、壁を立てていきます。
壁面は場所により、タイルやクロスの色を変えていきます。

玄関カウンター

玄関を入った右手の壁には作り付けのカウンターがあり、カウンターの下にはスリッパ収納があります。
また、一部壁のクロスが赤色なので、それも再現しておきます。

階段1

階段の下は収納になってますが、出入りは外からなので収納のための空間は省略し、
スチレンボードの積層で作ります。

1階玄関回り

壁面パーツと階段を組み込むとこうなります。
手前はトイレです。

キッチンパーツ

このショウルームにはもう一つキッチンがあります。
まず、U字型の天板を切り出し、それに合わせて立ち上がりを作ります。
スチレンボードは貼ってある紙をはがすことにより曲げることができるので、
天板のアール部分に当たる位置の紙を一部はがし、曲げ癖を付け、
曲がったままの状態ではがした紙を貼りなおして固定します。

1階スキップフロア

こちらはスキップフロアのパーツ。
この下は床下収納になっていて、かなり複雑なパーツ構成になっています。
この辺りは図面からだけでは形を読み取るのが難しく、実物の取材が生きています。

室内パーツ

キッチンとスキップフロアが出来ました。
一緒に収納棚も作っておきます。

階段2

こちらはもう1か所ある階段。
これが難しい!
コの字型に曲がった下は収納になっていて、しかもクロスの色が一部変えてあるので、
寸法的に破綻しないように1階と2階をつなげ、しかも表面をきれいに仕上げるのは大変です。

キッチン回り

これらのパーツを組み込むとこうなります。

スキップフロア

これがスキップフロア。
右側の開口部が床下収納の入り口で、明かり取りの格子は、窓のサッシと同じ要領で作ります。

1階洗面所

これは洗面所。
鏡の裏には間接照明があるので、壁から少し隙間を開けて接着します。

1階全景

さあ、1階が完成しました!
次回、2階の制作から完成までをご紹介しますので、お楽しみに。


テーマ : お仕事日記    ジャンル : ビジネス

« »

08 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード