ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

M1070&M1000重装備運搬車 3

Category: M1070&M1000重装備運搬車   Tagged: 1/35  M1070&M1000重装備運搬車  
運転席の組み立て というかフィギュアの組み立て

お久しぶりです。
次は運転席でしたっけね。さあ、いってみましょう。

今回は運転手も乗せるつもりなので、運転席のパーツを組みながら、
フィギュアも作っていきます。
運転手はタミヤのガマゴートのものです。
助手は同じくタミヤのM1025のものです。

M1070&M1000重装備運搬車 座席 

と、ここでトラブル発生!
見てお分かりの通り、フィギュアの足が宙ぶらりん。
座席の座面が高すぎるんだわ、これが。
一般にキット付属のフィギュアはその車両にフィットするように造形されているので、
別の車両に乗せるときは多少の加工は必要になるものですが、こりゃちょっとヒドすぎるよね。
しょうがないので、赤線で囲ったパーツは使用しないことにします。
それでもまだ少し高いし、実車の構造とは違ってしまいますが、完成してしまえば
ほとんど見えないので、別に問題ないでしょう。
もちろん、フィギュアを乗せなければ、そのまま組んでぜんぜんOKです。

M1070&M1000重装備運搬車 床板加工 

床板には座席を取り付けるための四角いガイドがモールドされていますが、
赤線のパーツをオミットしたので、そのままでは座席の位置決めがしにくくなります。
なので、矢印の部分を一部切り欠いておきます。

M1070&M1000重装備運搬車 仮組み 

運転席のパネルをマスキングテープで仮止めして、フィギュアを乗せてみます。
そのままでは腕がうまくフィットしないので、ハンドルと窓の位置に合わせて、
腕の角度を変えましょう。
肩の接合部に洋白線を打って瞬間で固定、仮組みを繰り返しながら、接合部の洋白線を
曲げて角度を決めてやり、隙間はパテで埋めてやります。

フィギュア 現用アメリカ海兵隊 

運転席を組むためには、まずフィギュアを完全に仕上げなければなりませんが、実は今回、
ディオラマ仕立てにするつもりなので、ほかの登場人物も一緒に作っておきましょう。
同じ作業はいっぺんに済ませた方が効率的だし、車両が完成してからでは、フィギュアを作る
エネルギーが残ってないような気がしますからね。

使うのは、ドラゴンの現用アメリカ海兵隊です。
ドラゴンのフィギュアはどれも細部まで凝っていますが、全体のプロポーションやポーズに
やや不自然な感があります。
これはおじさんの個人的な印象ですが、ドラゴンのフィギュアはそのまま組むと、オーバーに言えば
胴体と手足の関係が漢字の「大」のようになって、なんだかいかにも人形っぽくて
硬い感じがするんですよね。
で、このキットのようにおとなしめのポーズの場合、手足を接着するとき、接合面を削って
足は閉じ気味に、腕は脇を締めるように接着してやると、不自然さがかなり軽減されます。
もちろん、そのままでも自然なポーズの場合もあるので、ケースバイケースですね。

フィギュア 袖の加工 

今まで、やったほうがいいとわかっていても面倒でサボっていた加工をしてみます。
袖の彫り込みです。
やってみたら、案外簡単でした。
赤い点のあたりにピンバイスで適当な穴をあけます。

フィギュア 袖の加工 

デザインナイフを突っ込んでぐりぐり回して穴を拡げ、袖や手首の形状を削り出していきます。
おおっ、我ながらいい感じ!
これだけでリアリティが全然違います。
このキットでは銃のグリップ部分が手首と一体成型されていて、グリップ部分をカットした銃を
グリップを握りしめた手首と組み合わせる方式になっています。

フィギュア 右腕の加工 

あとから銃を接着するにしても、位置決めをしやすくするため、さっきと同じ方法で、
グリップ部分に穴をあけてやります。
それから、銃床が干渉するので、上腕の内側もリューターで彫り込んでやります。

銃の加工 

で、銃のほうは手首の穴に差し込めるようにグリップを少し削ってやります。
ついでに銃口もピンバイスで穴をあけておきました。
それでもこのままでは銃床が胴体と干渉するので、胴体側も削り込んでやります。
どこが干渉するかじっくり見極めて、少しずつ削っては仮組みをしなければならないので、
フィギュアの組み立てはとても時間がかかります。
とにかく、ドラゴンのフィギュアは何らかの加工をしないと、箱絵みたいなポーズには
ならないので、覚悟してかかりましょう。(笑)



スポンサーサイト

M1070&M1000重装備運搬車 2

Category: M1070&M1000重装備運搬車   Tagged: M1070&M1000重装備運搬車  1/35  
車体下部の組み立て

珍しく、お早い更新です。
では、車体下部を組み立てていきましょう。

M1070&M1000重装備運搬車 パーツ製作 

フレームに取り付けるためのパーツを、まず組んでしまいます。
それぞれちょいとばかりディテールアップをしときます。

まずはこいつ。

M1070&M1000重装備運搬車 ホーン加工 

なんだか分かります?
多分だけど、クラクションのホーンです。
ラジエターの前に付いていて、完成したらほとんど見えなくなりそうだけど、
フロントグリルのスリットからちょっとは見えるような気がするので、加工しときましょう。
中心にピンバイスで適当な穴を開け、デザインナイフを突っ込んでグリグリ回して削って、
ラッパ状にします。

M1070&M1000重装備運搬車 ホーン 

で、取り付けるとこうなります。

M1070&M1000重装備運搬車 カプラー 

これはカプラーといってトレーラーとの連結器なんだけど、操作用のハンドルを
取り付けるためのガイドが何もありません。
なので、矢印の位置にピンバイスで穴を開けます。

M1070&M1000重装備運搬車 パーツ作り直し 

ハンドル自体も製作中うっかり折ってしまう恐れがあるので、
洋白線で作り直しておきます。
ちょっと形が違う?
いいの、これで!

M1070&M1000重装備運搬車 パーツ接着 

これで安心。

M1070&M1000重装備運搬車 タンクステー 

燃料タンクを取り付けるステーは、説明書に従えば、フレーム側に接着とありますが、
タンク側に接着した方が作業がしやすいと判断しました。

M1070&M1000重装備運搬車 タンク 

うん、絶対この方が合理的です。

M1070&M1000重装備運搬車 クリアパーツ塗装 

次にフェンダーを組むのですが、フェンダーにはヘッドライトやウインカーがあります。
ちゃんとクリアパーツが用意されているので、テールライトなんかも一緒に
ランナーに付いたまま塗装しときましょう。

M1070&M1000重装備運搬車 フェンダー 

ライトのレンズは車体塗装に備えて、マスキングゾルを塗っておきます。
ライトガードは、曲げ加工された金属線がキットに付属していてありがたいのですが、
仮組みするとほんの少し長いようなので、0.5ミリほどカットしました。

M1070&M1000重装備運搬車 エッチングパーツ 

さて、この工程での最大の山場、フェンダーの取り付けです。
まずこのエッチングパーツ、曲げ加工が難しいっ!
でもって、取り付けのガイドが何も無いので、位置決めが難しいっ!
説明書をよーく見て、取り付けましょう。

M1070&M1000重装備運搬車 フェンダーの取り付け 

フェンダーの取り付けですが、赤い矢印の部分はプラ同士の接着なので問題はありませんが、
青い矢印はエッチングパーツを介しての取り付けなので、ここが難しいっ!
接着のためのガイドはあるっちゃあるんですが、なにせ瞬間接着剤を使うので、
ちょっとズレて接着してしまうと、修正が大変。
何度も瞬間接着剤はがし液のお世話になりました。
このフェンダー、水平、垂直をちゃんと出して正しい位置に接着しないと、
後でボンネットをかぶせたとき、隙間が出来て泣きを見ることになりますので、
取り付けのときは、ボンネットパーツをかぶせて、よーく位置の調整をしましょう。

M1070&M1000重装備運搬車 車体前部 

ようし、出来たぜっ!
かなり手こずりましたが、なんとかなりました。
初心者モデラーには、この工程、かなり厳しいんじゃないかと思います。
これがタミヤ製なら、もっとラクに確実に組めるのになあ。

ここで車体下部は一旦終了して、次回からは運転席を組んでいきます。
じゃね。



明けましておめでとうございます

Category: 年賀状   Tagged: M1070&M1000重装備運搬車  1/35  
新年も明けてすでに5日です。
今更おめでとうでもありませんが(笑)、新年恒例のイラストを掲載します。

年賀状イラスト2018 
今年は、ゲルリッヒ砲搭載のSd.kfz250/11であります。
昔買ったグンゼ産業のキットを引っ張り出してきましたが、箱絵のイラストが正直言って
あまり参考にならなかったので、ネットで見つけた完成品写真を基に描いてみました。
でも、その完成品写真、グンゼ産業の物じゃなさそうです。
タイヤのトレッドパターンをはじめ各部のディテールが、グンゼの物とは明らかに違います。
ま、どっちでもいいので、適当に描いちゃいました。

さて、M1070ですが、去年の9月から作り始めましたが、
その後仕事が忙しくなりあまり進んでいません。
でも全く止まっているわけでは無いので、少しだけ進捗状況を報告しますね。

M1070&M1000重装備運搬車 アクスル 

フロントアクスルとリアアクスルを組みます。
M1070は4軸あるのですが、先端と最後尾は共にステアリングします。
キットでは可動できるように別パーツになっていますが、タミヤのキットのように
はめ込み式では無いので、実際に可働させようと思ったら
自分でパーツを加工しなければなりません。
めんどくさいので、おじさんは接着固定!

M1070&M1000重装備運搬車 フレーム 

で、これをフレームに接着するのですが、ここで問題発生!
フロントは昔ながらの板バネですが、リアはスイングアームのようなサスペンションです。
おじさん、こんなの初めて見たのでどんな名称かも分かりませんが、ここの取り付けに
問題が出ました。

M1070&M1000重装備運搬車 サスペンション 

これは修正した物を後方から見たところですが、本来ならこのように赤いラインが
平行になるべきなのに、ラインが逆ハの字になってしまいます。
完成したらあまり気にならないかもしれませんが、やっぱり修正しときましょう。

M1070&M1000重装備運搬車 位置修正 

せっかく接着したアクスルの取り付け金具を、慎重にはがします。

M1070&M1000重装備運搬車 ダボ穴修正 

でもって、取り付けのダボ穴を外側に1ミリほど広げてやります。

M1070&M1000重装備運搬車 位置修正 

接着し直したのが、これ。
見た目、ほとんど変わってません。

M1070&M1000重装備運搬車 サスペンション 

でも、フレームに取り付けると、さっきの赤いラインは全部平行になりました。
めでたし、めでたし。

では、めでたいところで、今日はここまで。
今年もよろしくお願いします。
きっと、あんまり更新できんけど。(笑)





M1070&M1000重装備運搬車 1

Category: M1070&M1000重装備運搬車   Tagged: M1070&M1000重装備運搬車  
さあ、新展開!

パラディンが完成したところで、次は何を作るかですが、実はこいつです!

M1070&M1000重装備運搬車

M1070&M1000重装備運搬車。
おじさん、タンクトランスポーターという車種が大好きで、こいつが出たとき勇んで買い込んだのですが、
箱を開けて腰が引けてしまいました。
ドイツの駅がほったらかしになっていることもありますが、このキット、作るのが大変そうです。

単純に、モノがデカくてパーツが膨大。
それは初めから分かっていたことですが、付属のエッチングパーツがなんと11枚!

M1070&M1000重装備運搬車 エッチングパーツ

最近のキットはエッチングパーツが標準で付いてくるので、それはそれでありがたいことですが、
11枚は多すぎるぜ。
エッチングパーツは曲げ加工が結構難しいし、使う瞬間接着剤は位置決めが難しいし、
ハンダ付けが必要になることもあるかもしれません。
1~2枚のエッチングパーツなら大歓迎ですが、これだけあると
ありがたいような、ありがたくないような・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塗装も問題です。
箱絵のようなサンド1色ならまだラクですが、3色迷彩となるとかなり手間です。
でもって、記録写真を見ると、困ったことに中東地域でも3色迷彩の車両が多いです。

もひとつ。
こいつを作ったら、それだけで力尽きて積載する戦車まで作れないんじゃないかという恐れ。
以上、もろもろの理由からずっとしまい込んでおりました。

実はパラディンを作ったのは、載っける車両を先に作れば、
ひとつでもハードルが減るんじゃないかという思いからでした。
だからパラディンは全てのハッチを閉じて輸送状態として組みました。
そんな訳で、パラディンが完成した今、棚から引っ張り出してきたのでした。

M1070&M1000重装備運搬車 エッチングパーツ曲げ加工

さあ、覚悟を決めて作りましょう!
で、いきなり最初の難関。
エッチングパーツの曲げ加工です。
こういう細長いパーツを長手方向に曲げるのは曲げにくいものですが、こんな形状なので、
どんなにしっかり押さえていても、赤いラインで曲がってしまいがちです。
実際、ちょっと失敗しかけたので、パーツをガスコンロで真っ赤になるまで焼きなまして、
真鍮ブロックにギュッと押しつけてどうにかこの形にしました。

M1070&M1000重装備運搬車 フレーム後部

で、このパーツはこうなります。
ところが!

M1070&M1000重装備運搬車 エッチングパーツ干渉

このパーツをフレームパーツに接着しようとすると、全体に0.5ミリ程度背が高く、
矢印の部分が干渉してうまく収まってくれません。
仕方なく、瞬間接着剤はがし液で一旦エッチングパーツをはずして、プラパーツの上面を
0.5ミリ削ってもう一度エッチングパーツを接着し直して、どうにか納めました。

M1070&M1000重装備運搬車 ラダーフレーム

今のパーツを組み込んで、ラダーフレームができました。
ホビーボスのキットを作るのは初めてですが、プラの質はやや硬め。
硬いということは粘りがないので、割れやすいです。
また、ダボとダボ穴の関係がキツキツなので、削らないと入らないパーツもあります。
そんな訳でタミヤやAFVクラブに比べて、やや作りにくい印象はあります。
でも、それはわずかなことで全体としてはよくできたキットだと思います。

さあ、完成するのにどれくらいかかるかな?


M109パラディン自走砲 11

Category: M109パラディン自走砲   Tagged: M109パラディン自走砲  
完成しました!

ようやくM109パラディン自走砲完成しました。
列車砲以来、実に3年ぶりの完成品です。

今回は余計な説明抜きで、写真だけご紹介しますね。

M109パラディン自走砲


M109パラディン自走砲


M109パラディン自走砲


M109パラディン自走砲 キャタピラ


M109パラディン自走砲 車体後部


M109パラディン自走砲 車体


M109パラディン自走砲 エンジンデッキ


M109パラディン自走砲 砲塔


M109パラディン自走砲


M109パラディン自走砲 砲塔


M109パラディン自走砲 車外装備品


M109パラディン自走砲 M2重機関銃


M109パラディン自走砲 砲塔


M109パラディン自走砲 砲塔


M109パラディン自走砲 荷物


M109パラディン自走砲

いやいや、カッコイイですねえ。
このキットも放置期間が長いので、製作期間もギュッと縮めると3ヶ月くらいでしょうかねえ。
こんなペースでは死ぬまでには後7~8個くらいしか完成しません。(笑)


« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード