ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M109パラディン自走砲 3

Category: M109パラディン自走砲  
明けましておめでとうございます

MATV-MRAP

2016年も始まってすでに5日経っております。
遅ればせながら、新年のごあいさつをさせていただきます。

昨年は、3月に建築模型オフィスブラボーワンという個人事務所を立ち上げ、
おかげさまで、ここまでどうにかやってこられました。
自分一人で始めた商売なので、初めての経験ばかりで戸惑うこともたくさんありましたが
少しずつお客さまも付きはじめ、これからもがんばっていこうと思っています。

このブログでも建築模型の作り方をご紹介したりしていましたが、
これからは建築模型の作り方はホームページ内のブログで扱い、
「ヒロナリさんのモケーな日々」では、趣味のプラモデル関連に
絞っていきたいと思います。
どうぞ皆様、よろしくお願いいたします。

さて、今日はパラディンの車体前部を組んでいきます。

雨などで濡れた戦車の車体の上で足を滑らすと大変危険です。
そのため、たいていの現用AFVの車体上面には、ザラザラした滑り止めの
特殊なコーティングが施されています。
このキットでは、砲塔上面には最初からこのアンチスリップコーティングがモールドされていますが、
バリエーション展開を考慮してか、車体上面にはありません。
そのかわり、こんなものが付いてきます。

アンチスリップ

ザラザラした半透明の糊付きのシートです。
これを台紙からはがして所定の位置に貼るわけです。

アンチスリップ接着

これ、実際にやってるところ。
気泡が残らないようにこすっています。
シートにはコシがあり貼りやすく、糊は結構強力なので塗装作業ではがれる心配も無さそうです。
こいつぁいいや!
とてもお手軽にアンチスリップが再現できます。

点検ハッチ

こちらはアンチスリップを貼ったトランスミッションの点検ハッチです。
このキットではハッチはすべて可動、あるいは開閉選択できます。
ですがおじさん、今回は全て閉じるつもりなので、全部閉状態で接着固定してしまいます。

手すりディテールアップ

ハッチの取っ手はちゃんと別パーツですが、ここは洋白線で作り直します。
キットのパーツはとても繊細で、ゲート跡の処理がしにくいので、作り直したほうが手っ取り早いのです。
ただし、目分量でやったので、ぴったりの寸法のものが作れるまでにこんなにロスしてしまいました。
どっちがラクだかわかりゃしない。(笑)

ハッチ接着

トランスミッションの点検ハッチを接着しました。
相変わらず、ピタリと納まります。

手すりディテールアップ

ドライバーズハッチの取っ手も作り直します。
こっちは同じ大きさのものを2つ作らねばならないので、
あらかじめプラバンでゲージを作りました。
しかし、取っ手が2つあるハッチって初めてです。
このハッチは、本体の上に少し隙間を開けてもう1枚装甲板が付いているので
重いから両手で持たないと動かないのでしょうかね。

ドライバーズハッチ

ハッチのロックレバーもついでに作り直しておきます。
ペリスコープはクリアパーツが用意されていますが、今回はカバーを閉じてしまうので
せっかくのクリアパーツは生かせません。

排気管

排気管にはエッチングパーツが用意されています。

謎のパイプ

おじさんには何の用途かわかりませんが、エンジンルームからパイプ(Q23)が出ていまして、
そのまま接着すると、これが車体側面へはみ出しすぎるような気がしました。
そんな時は実車を見ましょう。
おじさんが頼りにしているのは「プライムポータル」というサイトで、
ここには古今東西の軍用車両の写真があります。
世界中のマニアが博物館や軍の施設で撮ってきた写真を投稿するサイトで、
たいていの車両が揃っています。
しかもモデラー的な視点で撮っているので、ディテールがよく分かり、とても重宝しています。
AFVだけではなく、火器、軍用機、軍艦、ロケット、鉄道、農業用トラクターなんかも
あったりするので、一度覗いてみてください。

http://www.primeportal.net/the_battlefield_armor.htm

で、実車を見たところ、付け根のパーツ(C9)のリング状の部分を削れば
ちょうどうまく収まります。
上の写真が正しい位置です。

エンジンカバー接着

エンジンカバーを取り付けます。
ここも可動して、カパッと開くことができますが、今回は閉位置で接着してしまいます。

前照灯

前照灯はレンズがクリアパーツになっているので、塗装を済ませてから
レンズを接着することにします。
マッドフラップは接着の効く軟質ゴムパーツです。

さて、今日はここまで。
休み明け、明日からは新しい仕事が入っているので、パラディン製作記もしばらくお休みします。
仕事のキリがついたら、また始めますのでよろしくね。


M109パラディン自走砲 2

Category: M109パラディン自走砲  
足回りの組み立て

しばらく間が空きましたが、ちゃんと製作は進めていますよ。

さて、戦車模型で何が面倒って、足回りですよね。
いくつもいくつも転輪を整形して、ゴムを塗り分けて、その上、別売りの連結式キャタピラなんぞ
買おうものなら、気の遠くなるような地味で退屈な作業が延々と続きます。
でも、避けては通れません。
気合を入れてやってみましょう。

このキットでは転輪のリムが内側に巻き込んでいるのを再現するため、、パーツが分割されています。
そのため、普通2個のパーツで構成されている転輪は、このキットではパーツが4個あります。
(ポリキャップも入れたら5個)
しかもパーツは3か所のゲートでランナーにつながっているので、ゲートの処理だけでも大変。

転輪

そのうえ、突出しピンの跡の処理もあります。
普通、突出しピンの跡ってなるべく目立たないように成形されてるもんですが、このキットでは
細いパイプ状のものが思いっきり飛び出しています。
かえって削りやすくて、いいと言えばいいのですが。

ゲートの跡

なるべくゲート跡の処理の手間を省くために、ゲートを残したまま位置を合わせるようにして
パーツを接着します。
こうしておいて、ゲートを切り飛ばし、接着ラインごと一気に成形します。
この作業はペーパーやヤスリより、デザインナイフによるカンナがけのほうがやりやすいようです。

誘導輪

小さな穴を再現するため、誘導輪も二つのパーツに分割されています。
左から順に、ゲートを残して接着したもの、ゲートをカットしたもの、カンナがけしたもの、
ピンバイスで穴を開け直したものです。
カンナがけすると小さな穴にプラの削りカスが詰まってしまうので、
穴は開け直したほうがいいでしょう。

パーツ完成

さあ、起動輪、転輪、誘導輪が出来ました。
これだけ見るとたいしたことないように見えますが、結構手間がかかります。
日をあけると嫌になってしまうので、時間が取れる時に音楽でも聴きながら
勢いで一気にやってしまいましょう。

でもまだ、組み立て式のキャタピラがあるんだよなあ。
はあ~。



M109パラディン自走砲 1

Category: M109パラディン自走砲  
久しぶりの製作記事!

昨年の3月以来、建築模型にかかりきりで、全然プラモデルを作っていませんでした。
最近一段落してきて、どうにもプラモデルを作りたくなってきたので、
久々にプラモデルの箱を開けました。

M109パラディン

お題はパラディン!
いや、本当ならドイツの駅を作らねばならないのですが、
建物や小物はスクラッチしなければならないので、とても面倒。
なんかさ、パーツをパチパチ切り出して接着していく作業が恋しくてねえ。
フツーのプラモが作りたくなっちゃって。
作りたいものはいっぱいあるのですが、今回はこいつを選びました。

M109パラディン。

車体に比べてやたらと砲塔がデカく、長大な砲身にこれまた巨大なマズルブレーキ。
ディフォルメなんかしなくても、そのまんまでマンガチックにディフォルメしたような
スタイルが魅力的な車両です。
AFVクラブのキットは、うっとりするくらい精密で細かなパーツがぎっしり詰まっていて、
製作意欲をそそられます。
こいつに、13年前に買ったスカイボウの連結式キャタピラを組み合わせて作ってみよう!

箱組み

まずは、車体から。
このキットはバスタブ式ではなく、板状のパーツを箱組みしていきます。
ここは組みあがったとき車体がゆがまないよう、慎重に組まなければなりません。
そのため、接着の順序をよく検討しましょう。
まず、底板に側面と背面のパネルを接着してきちんとした基準を出します。
次に、反対側の側面、スポンソン、側面上部、前面の順に接着していくとよいでしょう。
パーツの精度は素晴らしく、注意深く作業すれば全く隙間なくカチッと組み上がります。
気持ちいいっ!

パーツ加工

前面パネルにはちょっとした加工が必要です。
トラベリングロックを取り付けるための縦長の穴を3本開け、その上の穴をプラバンでふさぎ、
その右側に小さな穴をピンバイスで開けておきます。

車体

車体が出来ました。
これだけ見ていると、自衛隊の73式装甲車に似てますね。
自衛隊車両も主要な装備はあらかたキット化されましたが、そういや73式はまだでしたねえ。
60式も出したことだし、ファインモールドさんあたりが出しそうですが、でも売れるかなあ?

トーションバー

可動式のトーションバーを取り付けます。
実車と同じ構造でバーのねじれを利用してサスが効くのですが、バーそのものが細いので
折れやしないかとちょっと心配になります。
でも、大丈夫。
可動させても小さなストッパーが車体に当たって、可動域は1.2ミリくらいしかないので、
これくらいなら折れる心配は全くありません。

車体

上面パネルを接着します。
スゴイ、この精度!
上面パネルは3つのパーツから成っていますが、本当に隙間なくピッチリ納まります。
ホント言うと、0.5ミリほどズレが出たのですが、よく見るとパーツの一つをおじさんが
ずらして接着してしまったのが原因で、まだ生乾き状態だったので接着し直したら、
キレイに納まりました。
よく出来たキットを作るのはとても楽しいです。

じゃ、今日はこのへんで。




不定期連載 ノスタルジックプラモデル 65

Category: ノスタルジックプラモデル  
タミヤ 1/35 イギリスSASジープ

とても楽しいプラモデルでしたっ!!
基本的にプラモデルを作っているときは楽しいものですが、
このSASジープは、本っ当にっ楽しかった!

SASジープ

もともとヒロナリ君はジープが大好きだったので、1974年これが発売されたときはすかさず買いました。
でも、正直SASって何だか知りませんでした。
箱に大きくスペシャルエアサービスと書かれていますが、当時中1のヒロナリ君には読めませんでした。
辞書を引け、辞書を!

まあ、読めなくても問題ありません。
発売前にタミヤニュースの新製品紹介のコーナーで、詳しく解説されていましたから。
スペシャルエアサービスは、特殊空挺部隊と訳されています。
要はイギリス陸軍の特殊部隊で、MBジープやシボレートラックなど2~3台でチームを組み、
ドイツ軍の飛行場や補給路にゲリラ攻撃を仕掛けるのが任務でした。
あのテレビドラマ「ラットパトロール」のモデルになった部隊です。

キットはそれ以前に発売されていたMBジープを基にしていますが、細部が多少違います。
実車では太陽の反射光で敵に発見されるのを防ぐため、ウインドシールドは取り外されていたので、
キットでもオミットしてあります。
それから、通風を良くするためにフロントグリルのステーを2本残して切断してあり、
また、オーバーヒートした時、沸騰した水蒸気を逃がさないための筒状の復水器が取り付けてありますが、
これらもちゃんと再現してあります。
また、MBジープではエンジンフードは開閉式でしたが、SASジープはエンジンフード上に
大量のジェリカンを積んでいるため、エンジンフードは固定されてエンジンパーツ自体もオミットされています。
その代り、付属の装備品がてんこ盛り。
これを取り付けるのが楽しかったんだなあ。

エンジンフード上だけでなく、後部のカーゴスペースにも山のようにジェリカンを積んで、
それを固定するための枠は、付属の0.3ミリのプラバンを細長くカットして自作するようになっていました。
このちょっとしたディテールアップ工作が、なんだかマニアックで楽しかったのでした。
他にも弾薬箱、擬装用ネット、毛布、雑納、スコップ、水筒、サンコンパス、砂からの脱出用のサンドチャンネル、
さらにはスペアタイヤが2本と、載せきれないほどの装備品が付いてきます。
これらは決まった置き場所はないので、説明書のイラストを参考に、自分がSAS隊員になったつもりで
狭いジープの車内に配置していくのです。
これがワクワクして楽しいったらありゃしない。

それから武装が凄い。
おなじみのM2ブローニング重機関銃、丸い弾倉を装着した航空機用のビッカース連装機銃、
ブレン軽機にトンプソン、おまけにドイツ軍から分捕ったシュマイザーまでついてます。
これらをどこに配置するかも楽しい悩みどころです。

そして、付属の人形がカッコいい!
半ズボンにゴツイ手袋、アラブ人がかぶる白い布を頭にかぶりモジャモジャのあごひげ。
とても軍人には見えない、冒険家か盗賊のようなワイルドでアウトローっぽい雰囲気の人形たちでした。
ちなみに頭にかぶる布は「クーフィーヤ」といって、箱には「ターバン」と書かれていますが、
明らかな間違いですね。
とは言え、「クーフィーヤ」といっても誰もわからないでしょうから、
あえて「ターバン」と表記したのかもしれませんね。

唯一残念だったのが、ヘッドライトのガラスがクリアパーツではなかったことです。
ウインドシールドがオミットされていたので、同じクリアランナー枠のヘッドライトも一緒に
オミットされたのでしょう。

軍用車両模型というものは、もともと独特の魅力がありますが、
そこに人形や様々な装備品を追加することによって模型としての見せ場が増え、
過酷な環境や困難な任務にまでイメージが膨らみ、その魅力が倍加します。
別売りのパーツや自作なんかしなくても、箱に入っているパーツだけで十二分に楽しめるので、
当時350円の定価はとても安く感じられました。
今までに作ったタミヤのMMシリーズの中で、
このキットが一番ワクワク度が高かったんじゃないかと思います。

まだ作ったことが無い方は、一度作ってみてください。
なんせ45年も前のキットですから、現在のレベルで見るとどうしたって見劣りする部分がありますが、
ここはあえてディテールアップなんかしないで、ストレート組みするのが正解でしょう。
CADなんか無かった時代のタミヤスタッフの情熱と、当時このキットを作った
MMファンの感動が味わえます。
いやあ、プラモデルって本当にいいもんですね。



不定期連載ノスタルジックプラモデル 64

Category: ノスタルジックプラモデル  
タミヤ 1/35 ケッテンクラート

久しぶりのノスタルジックプラモデルであります。

ケッテンクラート。
この妙ちくりんな車両、AFVモデラーなら誰でも知っていますが、
一般の人はどれだけ知っているでしょう?

ケッテンクラート


第2次大戦中、ドイツは大小さまざまなハーフトラックを作りましたが、
こいつが最小サイズのハーフトラックです。

1973年、当時中学1年生のヒロナリ君は、すでにこの車両のことを知っていました。
いや、知っているというより、一度だけ見たことがありました。
それは、小学生の時読んだ望月三起也のマンガ、「最前線」のトビラ絵ででした。
主人公ミッキー熊本軍曹の後ろに小さく描かれていたヘンな車両、
ありゃ、いったい何だ?
オートバイのようなハンドルがついてるのに、後部はキャタピラ、こんなの戦争映画や
コンバットでも見たことないぞ。
登場したのはトビラ絵だけで本編には出てこなかったので、詳しいことは何もわかりませんでしたが、
その風変わりで魅力的なスタイルは、ヒロナリ君の脳裏にインプットされたのでした。

そして中1の夏、あのへんてこな奴がタミヤの新製品として発売されたのです。
へえー、あいつはケッテンクラートっていうんだ。
こりゃあ買わずばなるまい。
なんだか有名になった芸能人をデビュー前から知っていたような、ちょっと得意げな気分で
河村模型店に向かったのでありました。

箱絵のイラストはBMWサイドカーの箱絵とよく似た構図です。
進行方向こそ逆ですが、ほぼ真横から車両を描き、傍らを二人の歩兵が歩いています。
ただ、ヒロナリ君お気に入りの大西将美さんの筆でないのが少々残念でした。

このキットは、それまでのMMシリーズには無い新しい試みがされていました。
それはエンジンがダイキャストで出来ていたということです。
小さな模型にも重量感を出そうという試みですが、1/35のエンジンパーツは小さなものなので、
たいした重さにならず、正直あまり目的を果たしているようには思えませんでした
そのせいか、コストの問題からか、しばらくしてエンジンはプラパーツに置き換えられました。

また、サイズが小さすぎるので、従来のポリ製のキャタピラではなく、プラの一体成型でした。
この方がキャタピラのたるみが自然で良かったのですが、パーティングラインを落とすのに難儀しました。

組み上がったモデルはとても小さく、でもそのユニークな構造がとてもメカニカルで
かわいらしくもカッコよかったです。
オートバイのフロントフォーク、ドイツ軍伝統の複合転輪、後ろ向きに座るリアシート、
いかにも機械好きのドイツ人が作りそうな面白いカタチをしています。
これに似た車両は、古今東西どこの国にもありません。
唯一無二です。
ヒロナリ君はもともとスタンダードなものよりちょっと変わったものが好みだったので、
すっかりケッテンクラートのファンになってしまいました。

このキットにはドライバーのほか歩兵が2体付属していました。
足元がブーツではなくてレギンスを巻いていて、へえ、こんな装備もあったんだと
新しい発見でした。
そういえば、よく見ると襟元も詰襟ではなく開襟シャツみたいな形をしています。
軍服や装備品も戦争の進行に従って少しずつ変わっていくものだと、タミヤの模型によって
ヒロナリ君は知ったのでした。

ひとつ残念だったのが、兵士が被っている規格帽です。
キューベルワーゲンに付属している人形の山岳帽がすごくカッコよかったので、
あんなのを期待したのですが、こっちの規格帽は後ろがつぶれてなんだかくたびれた感じで、
ちょっとがっかりでした。

その後、高校時代に観た映画「遠すぎた橋」にケッテンクラートが登場しました。
林の中で連合軍の猛砲撃に耐えているドイツ軍部隊のシーンの中に、チラリと映りました。
残念ながら動いてはいず、登場した時間もほんの数秒でしたが、
スクリーンの中に見つけた時は、
「あっ!ケッテンクラート!!」
と、うれしくなりました。

動いているケッテンクラートといえば、映画「プライベートライアン」です。
敵の戦車を引き付けるオトリになるため、片側のキャタピラを浮かせて
コーナーを曲がっていく姿に思わず
「すげえ。」
と、つぶやいたものです。

20代の頃、エッシー1/9のケッテンクラートも作ったのですが、
それはまたいつかご紹介します。


テーマ : 趣味と日記    ジャンル : 趣味・実用

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。