ヒロナリさんのモケーな日々

ミリタリー系のプラモ、フィギュア、ディオラマの製作過程を紹介します。写真をクリックすると大きな画像が見られます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D社様 T邸の制作 2

Category: 建築模型オフィスブラボーワン  
2階の制作

T邸の白模型、今日は2階の制作です。

2階床

まずは床のパーツを切り出します。
図面のライン通りに切ればよさそうなものですが、現実にはそう簡単にはいきません。
図面上の壁の厚みと材料のスチレンボードの厚みに差があるからです。
両方とも約3ミリですが、微妙に違いますし、スチレンボード自体も個体によって厚みに
ばらつきがあるので、出来上がっている1階の壁を基準に、現物合わせで微調整が必要です。
また、階段の開口部も、現物合わせでズレが生じないようにします。
うまく切れたら図面をはがし、シャーペンで内壁がくる位置のアタリをとっておきます。

壁パーツ

2階の壁を切り出しますが、図面では掃出し窓の開口部がバルコニーに隠れているので、
忘れないように赤いラインを描き込んでおきます。

2階外壁

床と四方の外壁が出来ました。
やはりこの時点で窓も接着してしまいます。

基準壁

1階と同じように、まず壁を2面立てて基準とします。

2階ホール

階段を昇りきった2階のホールには作り付けのカウンターがあるので、それも再現しておきます。

2階完成

2階が完成しました。
これに屋根を付ければ、建物は完成です。

北西面

ここまで来れば残っている作業は、目隠しの格子と、外構だけです。
すべて完成したら、外で写真を撮ってみました。

北西面

南東面

1階

2階

外溝

いかがでしょうか。
外溝のグリーンが映えて、白模型には独特の美しさがあります。

より多くの完成写真をブラボーワンのサイトに掲載しています。
よろしければこちらもご覧ください。

この模型はお施主様へのプレゼント用で、お届けしたところ大変喜んでいただけたとのことです。
D社様、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。


テーマ : お仕事日記    ジャンル : ビジネス

D社様 T邸の制作 1

Category: 建築模型オフィスブラボーワン  
今回は白模型です

岐阜市の設計事務所D社様より、白模型のご依頼をいただきました。
白模型とは、その名の通り外も中も真っ白な模型です。
素材感を表現しないぶん、建物のフォルムや間取りが純粋によく分かります。

展示台パーツ

まずは展示台から作ります。
お見積りの段階では1/50でしたが、この建物は普通より大きいので、
ご注文の時点で1/75に変更になりました。
このことによって全体がA3サイズに納まり、バランスがよくなりました。

5ミリのスチレンボードでパーツを切り出しますが、スチレンボードはすでに反っているので、
内部に矯正のための補強を入れます。

展示台

今回は敷地のすぐ外側に水路があるので、それも再現しておきます。

基礎

で、今回厄介なのが、敷地がGL(グランドライン・地盤面)より50センチかさ上げしてあり、
インナーガレージやアプローチがスロープになっていることです。
しかもスロープは場所によって角度が微妙に違うので、
それをきちんと再現するのにかなり手間取りました。
図面上のどの地点がGLプラス何センチになっているか正しく理解していないと、
立体にした時つじつまが合わなくなり、壁を立てられなくなってしまいます。
作業開始からここまで作るのに、まる2日かかってしまいました。

窓接着

展示台が出来たら、外壁を作ります。
1/75でプリントアウトした図面をスプレーのり55でスチレンボードに仮止めして、
壁ごとにカッターで慎重に切り出し、図面をはがします。
窓は塩ビ板にマスキングテープを貼り、窓枠を切り取り、
白のスプレーで塗装します。
壁を立ててからでは窓を接着しにくいので、この時点で窓は接着してしまいます。

壁パーツ

今回面倒なのが、この小さな窓です。
1/75サイズで6ミリ角の小さな窓を、いくつも作らねばなりません。

壁パーツ

とりあえず1階外壁が出来ました。
ここまでは立面図があるので図面のライン通りに切り出せばよいのですが、
内壁は図面が無いので、自分で図面から寸法を拾って作らねばなりません。

基準

壁を立てる時はいつもそうしているのですが、どこか一か所壁を2面立てて、
水平垂直の基準としています。
この最初の2面をどこに持ってくるかが考えどころで、後の作業を頭の中でシュミレーションして
最も合理的な位置を探し出します。

1階内壁

その基準面をもとに、内壁を現物合わせで立てていきます。

1階トイレ

これはトイレです。
簡単なものですが便器も作っておきます。

見落とし

げ!
大変なことに気が付きました。
開口部を一つ開け忘れてましたああ!
接着した壁をいまさら外すのは無理なので、この状態で開口するしかありません。
まず、シャーペンで開口ラインを壁の両面に描き込みます。
展示台ごと立てて、ほかの部分を壊さないよう気を付けながら、
慎重にカッターを入れます。

リカバー

はああ、どうにかうまくカットできました。
人間のやることですから見落としもあります。
それをどうリカバーするかも技術のうちです。

階段

これは階段。
手すりは窓と同じように、塩ビ板にスプレー塗装しています。

植栽

植栽は基本的に最後に行いますが、壁に囲まれたアプローチ内のものは、
後からではやりにくいので、壁を立てる前に接着してしまいます。

1階完成

ハイ、1階が完成しました。
ここまで来ると全体像が見えてきて一安心です。
では、次回は2階の制作です。


テーマ : お仕事日記    ジャンル : ビジネス

中日本ハウス様 住宅構造模型の制作 4

Category: 建築模型オフィスブラボーワン  
木造軸組みの制作

最後に残ったのが木造軸組み、いわゆる在来工法ってやつです。
最初はプラ材で作ろうかと思ったのですが、塗装しなくてはならないし、
木を表現するなら木を使ったほうが手っ取り早いので、
ホームセンターで売っているヒノキの工作材を使うことにしました。

基礎

まずは、基礎を作ります。
グレーの紙を貼った3ミリのスチレンボードで、ベタ基礎を作ります。
写真なのにこうやって見ると、なんだかCG画のように見えますね。

土台接着

この上に、土台となる3ミリ角のヒノキ材を接着していきます。

土台完成

土台が完成しました。
実際にはこの上に、大引(おおびき)や、根太(ねだ)、火打土台(ひうちどだい)
といった部材が来るのですが、そこまでやると煩雑になり、
構造模型としてかえって分かりづらくなるので、そこは省略します。

壁面制作

次に壁を作ります。
実際の建て方なら土台の上に柱を立てて、1階から2階へと徐々に組み上げていくのでしょうが、
模型でそんな作り方をすると作りづらいので、ツーバイフォーと同じように
まず3階分までの壁面を作ってしまいます。
3ミリ幅の材のセンターに2ミリ幅の材を接着するために、0.5ミリ厚のボール紙を下に敷いて
接着しています。
こうすれば等間隔の空きをとってセンターに接着できます。
我ながら、よく考えました。

壁面完成

壁面が2面分完成しました。
まずこの2面を立てて、水平垂直の基準とします。

1階終了

基準をもとに1階から作っていきます。
ここでも大切なことは、材料を正確な長さで切り出すことです。
長さにばらつきがあると、隙間が出来たりゆがんだりしてしまいます。

2階終了

2階が終了しました。
比較的やわらかいヒノキ材とはいえ、これだけ何本も切っていると指が痛くなってきます。
そして、予想以上に時間がかかります。

3階終了

ようやく3階まで来ました。
写真で見てるとあっという間ですが、実際作業していると、
いつまでたっても終わらないって感じです。(笑)
面白いことに、作り始めた頃グラグラしていた壁面も、柱が増えるごとにしっかりしていき、
3階まで来ると、指で押してもビクともしないくらい丈夫になりました。
軸組み工法の強度を模型で実感できました。

小屋

小屋を組み上げて、いよいよ完成です。
うわあ、すごい密度感。
これでも実際の構造よりかなり省略しているのですが、とても精密な感じがします。
屋根の垂木(たるき)を全部つけると、内部の構造が見えにくくなるので、
あえて、奥の5列分だけとしておきました。

完成

ここまで作るのに6日かかりました。
重量鉄骨が2日、ツーバイフォーが3日なので、予想通り一番手間がかかりました。

構造模型完成

で、これを展示台に3つ並べると、めでたく完成です。
納期にもギリギリ間にあいました。
同じ大きさ、同じ間取りの建物で、3つの工法の違いが比較できる模型です。
今回いくつか初めての作業にもトライして作り上げることができ、自信につながりました。

中日本ハウス様、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。


テーマ : お仕事日記    ジャンル : ビジネス

中日本ハウス様 住宅構造模型の制作 3

Category: 建築模型オフィスブラボーワン  
ツーバイフォーの制作

あっという間に一か月たってしまいました。
すぐ更新するつもりでしたが、この一か月続けざまに二本の仕事をしてたので
また更新が滞ってしまいました。

さあ、ツーバイフォーです。
ご存知のようにツーバイフォーは壁で空間を構成する造りなので、
使い慣れたスチレンボードで作ります。

基礎と床

まずは基本となる床を作りましょう。
グレーの紙を貼ったスチレンボードはコンクリートの基礎部分で、クリーム色は1階の床です。
グレーの板の上にクリーム色の板を接着します。

1階

次に垂直と直角の基準になる壁を2方向に立てて、それに合わせて1階の内壁を立てていきます。
この建物は3階建てで1階の1/3ほどはインナーガレージになっています。
それぞれの階の間取りを見せるために2階と3階の床は、透明アクリルで作ります。

2階

これが2階まで組んだ状態。

3階

これが3階まで組んだ状態です。
このクリーム色は木の色を模したものなので、開口部の小口にも
全部クリーム色の紙を貼っておきます。
数が多いから面倒なんだ、これが。

正面壁面

正面の壁パネルを作りましょう。
ツーバイフォーの壁パネルはその名の通り、2インチ×4インチの木材で作った枠の両面に
構造用合板を貼り付けたものなので、内部構造を見せるため、構造用合板の部分を透明にします。
正面パネルの図面を塩ビ板に弱いスプレーのりで仮止めして、開口部と外形をカットします。
これを2枚作っておきます。

内部構造

これにツーバイフォー材を接着するのですが、位置を決めるため図面の上に塩ビ板を仮止めして、
図面の位置に合わせて、カットしたバルサ材を貼っていきます。
全部貼り終えたら、もう1枚の塩ビ板でサンドイッチにします。

完成

これが出来上がった状態です。

内部

床が透明なため各階の耐力壁の位置がずれていると見苦しいので、
ずれないように気を付けて組んでいきます。

正面

さあ、完成しました。
この建物は難しいところはなく、ただただ丁寧に作ることを心掛けていけばいいです。

さて、残るは木造軸組みです。
これは工作用のヒノキ材を使うつもりですが、
骨組みだけの建物なんて作ったことはないので、どうなることやらです。


テーマ : お仕事日記    ジャンル : ビジネス

中日本ハウス様 住宅構造模型の制作 2

Category: 建築模型オフィスブラボーワン  
重量鉄骨の制作

本日、2度目の更新です。
できる時、やっとかないとね。

重量鉄骨の骨組みを作るわけですが、材料はプラストラクトのプラ材を使います。
これはプラモデル用の接着剤や塗料が使える使い慣れた素材です。

パーツの切り出し

クライアント様より簡単な平面図はいただきましたが、立面図は無いので、
自分で平面図より立面図を起こしました。
図面に従ってプラ材を切り出していきます。
ここで重要なのは、大量のパーツを同じ寸法、同じ角度で切り出すことです。
ただひたすらカットして、ヤスリで削って誤差を0.2ミリ以内にしていきます。
単調な作業が続くので、眠くなってきます。

柱端部

柱に使う6.4ミリ角のプラ材はパイプ状になっているので、
先端部を四角く切った0.3ミリのプラバンでフタをしておきます。

接合部

実物の鉄骨の接合部は、プレートを当ててボルトで留めていますので、
0.3ミリプラバンでそれを再現します。
完成品を見ると、プレートはそんなにあるようには見えませんが、
計算すると136枚必要になります。
うへえ、めんどくさい。
ボルトはプレート1枚に6本あるとすると、実に816本!
そんなことやってられないので、ボルトはあっさり省略します。

パーツ組立て 1

さ、下準備が出来たら形にしていきましょう。
接着はクレオスの接着剤で仮止めして、位置が決まったらタミヤの流し込み接着剤で固定します。
接着面積は小さいのですが、思ったよりガッチリ接着してくれます。
ここでも重要なのは、4組とも全く同じ大きさ、同じ形にすることです。
そうでないと完成品がゆがんでしまいます。
そのためにも、一つ一つのパーツを同じ大きさに切り出すことが大切になります。

パーツ組立て 2

組み立てる順序も、合理的な順序を考えねばなりません。
8本の柱を平面上に隙間無く接地させるために、
まず4本の柱がきちんと接地するブロックを2組作ります。

パーツ組立て 3

それを6本の梁でつなぎます。

パーツ組立て 4

すると、こうなります。
基礎や2階3階の床は、スチレンボードで作ります。
手前の柱4本は基礎の上に載ってくるので、あらかじめ奥の4本より3ミリ短くしておきます。
8本とも見事きちんと接地しました。

完成

仕上げに、見本と同じように赤で塗装します。
実物のサビ止めペイントはもっとくすんだ赤ですが、見本どおりでいいとのことなので、
鮮やかな赤にしました。
これで重量鉄骨は完成。
次は2×4いきましょう!


テーマ : お仕事日記    ジャンル : ビジネス

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

bravo-1

Author:bravo-1
60年生まれ。小学生の頃からの
戦車模型ファン。
でも完成品は、年に2~3点。
建築模型の事務所を開業しました。
よろしくお願いします。

建築模型オフィスブラボーワン
http://bravo-1.wix.com/home

自動RSS表示機能付きリンク
リンク上にマウスを乗せると、リンク先の最新記事とサムネイル画像を表示した吹き出しが出現します。 そのままクリックすると、リンク先に飛びます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。